MENU
ワタシメディア
当サイトでは、現役ママが実際に体験した一次情報を重視しています。

管理人は典型的なHSS型HSPです。高齢出産で子どもは1人。HSPの生きづらさや、子育ての困り事、暮らしの情報を発信しています。
\ ポイント最大11倍! /

子どもの夏用UVカット帽子の選び方を現役ママが解説!絶対欲しい機能も紹介

5月ぐらいになるとかなり暑い夏みたいな日もあって、外遊びで熱中症予防に子どもに帽子をかぶらせる方も多いと思います。

「帽子はかぶると暑い」は一昔前の常識で、今や炎天下のお出かけには必須アイテム。なのですが…

蒸れると、嫌がって被ってくれないんですよね。

暑がってすぐに脱いでしまったり、帽子をかぶる事を断固拒否されてしまったり。

なかなか「コレ」という帽子がなくてお悩みの方向けに、子どもの夏用帽子の選び方を解説します。

\ ここでいったん宣伝です /

この洗剤、ママの家事をラクにするために作られた洗剤。頑張り過ぎちゃうママも、もう頑張れないママも、絶対使ってみて!

クリックできるもくじ

子どもの夏用UVカット帽子に欲しい機能とは?

子どもの夏用帽子は手軽に買う事ができるアイテムですが、機能性を重視して選びたいところ。

例えばUVカット機能はもちろんのこと、撥水機能がついていると水遊びにも使えるし、軽い素材なら荷物を増やさずに済みます。

UVカット機能

UVカット機能は今ではだいぶ普及しましたよね。

UVカット機能の帽子なら、紫外線から子供を守ることができます。

撥水機能

撥水素材だとなお便利。

夏はとかく汚れがちですが、撥水機能があれば汚れが染み込みにくく、落としやすいのでお手入れが楽です。

それから、暑い夏にはお出かけ先で急遽水遊びーなんていう事もまぁまぁありますよね。

びっしょりに濡れてしまう帽子だと水遊びの間脱がせなくてはなりませんが、撥水記事なら水遊びの間もかぶせられるので、より熱中症対策に効果的です。

あご紐が取り外せる

風が強いときなどはあご紐があると便利な子供用帽子ですが、遊具で遊んでいるときはあご紐が思わぬ事故につながることもあるので心配ですよね。

そこで、あご紐が取り外せるものだと便利です。

蒸れを逃すベンチレーション

そして意外と違いがあるのが、蒸れを逃すベンチレーションの有無。

ベンチレーションがあるだけで快適さが違うので、できればベンチレーション付きのものを選んであげたいところ。

メッシュになっているものや孔のものなど様々ですが、何もないタイプより快適性が優れています。

おすすめの子どもの夏用UVカット帽子

様々な夏用帽子を買って我が家がたどり着いたのが、アウトドアブランドのもの。

高性能で丈夫なものが多く何年も使うことができるので、コストパフォーマンスも優れています。

そこで、先程紹介した子どもの夏帽子に欲しい機能が備わったおすすめのアウトドア帽子を紹介します。

コロンビア シッカモア ジュニアブーニー

コロンビアシッカモアジュニアブーニーはUPF50、撥水生地ではありませんが、ライナーに吸水速乾素材を使用しているので汗をかいても快適、使わない時はポシェットのようになるかわいいハットです。

アジャスターコード付きで、あご紐を外した時も頭にフィットさせることができます。

ノースフェイス サンシールドハット【キッズ】

ノースフェイスのキッズサンシールドハットは、子どもが日焼けしやすい首周りを守るサンシールド付きです。

頭部とサンシールド部分の一部にメッシュパネルを使い、ムレを効果的に排出します。

あご紐は取り外しできるだけでなく、強い力が加わると外れるタイプで安心。

UPF15-30、紫外線カット率85%以上、撥水加工済みです。

ノーブランド アドベンチャーハット

BACKYARD FAMILY ママタウン
¥1,994 (2024/02/13 07:29時点 | 楽天市場調べ)

お手頃なお値段ながら、紫外線を99.9%カット・撥水・あご紐の取り外し・ベンチレーション全て叶うハット。

色がたくさんあって好みのものを選びやすいのも◎

目立つ色ならお出かけシーンで子どもを見失いにくくおすすめです。

さいごに

子どもの夏用帽子についてまとめました。

子育てをスムーズにするヒントになれば幸いです♡

お役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\ ここでいったん宣伝です /

この洗剤、ママの家事をラクにするために作られた洗剤。頑張り過ぎちゃうママも、もう頑張れないママも、絶対使ってみて!

クリックできるもくじ