更新情報をプッシュ通知でお知らせ

リトルキディーズは本当に便利?つけっぱなしで大丈夫?4年使用した感想と口コミ!

子ども乗せ自転車のレインカバーの中で、特に視野が広く保てるカプセル型のリトルキディーズ。

リトルキディーズは人気だけど高いし、本当に値段に見合う程いいものなのか、気軽に買える金額ではないからこそ悩みますよね。

 

わ・か・る

 

私も購入するまではめっちゃくちゃ悩みました。

レインカバーに9,000円。
雨の日ってそんなにあるわけじゃないのに…

 

ぶっちゃけ高い!

 

元取れるのか気になるところ。

結論から申し上げますと、私は既に2代目のリトルキディーズを使用しています!
↓↓
この度、3代目を購入いたしました!

UVカット機能付きビニールになったという事で、4代目を購入してしまいました!!

 

これからもリトルキディーズ使います。

 

だって楽すぎるもの!!

 

今日はリトルキディーズでいかに育児を楽に快適に出来るのかをお話ししましょう!

 

MEMO
以前は「即完売」と言われていたリトルキディーズのレインカバーですが、現在はメーカーさんの努力により量産体制に入っていますので、即完売はしません。

未だ「即完売」という情報を載せているサイトが複数ありますが、慌てなくても大丈夫です。

 

 

 

\ ネットの正規販売店は楽天だけ /

標準で装着できるチャイルドシートが増えました

 

 

 

リトルキディーズのレインカバーを使って不便に感じる点とデメリット

 

 

 

まずはみなさんがお知りになりたい、デメリットから。

 

リトルキディーズを使っていて不便に感じる点は次の通りです。

  1. 盗まれそう
  2. 「畳んで持ち運んで雨が降ってきてから装着」には不向き
  3. 真夏は厳しいかも
  4. 乗せ降ろしがしづらいと感じる人もいる

それではそれぞれ説明していきます!

 

 

リトルキディーズは人気のレインカバーのため、盗難の心配がある

ここ最近は量産体制に入り、即売り切れるような事がなくなったため、リトルキディーズだからといって盗まれる訳ではないのですが…

販売から1分で売り切れていたころは、盗まれてしまうレインカバーとして有名でした。

 

私は未だに盗難防止用ワイヤーを付けています。

 

 

実際に外されかけた事はないですけど、中には解体されかかっていたという方もいますので、値段が高い分、しっかりとした盗難対策をしておくと良いでしょう!

 

 

リトルキディーズは雨の中サッと付けられるものではない

普通のレインカバーのように「雨が降り出したら付ける」「晴れたから外す」という事が簡単に出来るレインカバーではありません。

ですがこれは、リトルキディーズがカプセル型になっていて視界を広く保てるというメリットの裏返しです

要するに、簡単に付け外しができて携帯性の良いレインカバーに個室内が広く保てるものはないということ。

 

私の場合、外出の予定がある日が雨の予報だったら前もって付けておきます。

暑い時期に暫く晴れが続くような時は外して家で保管する事もありますが、秋から春は大体付けっぱなし。

こまめに取り外したい方には不便に感じるかも知れません。

 

真夏につけっぱなしにすると熱がこもりやすくふにゃふにゃになりやすい

真夏は前を大きく開けていても、熱がこもりやすいです。

透明の部分が多い事で視界が広く保てる反面、直射日光をもろに受けて温室状態になる感じですね。

更に真夏に付けっぱなしのまま炎天下に放置していると、ふにゃっとしてしまいます。

 

一般的なレインカバーは透明部分のポリ塩化ビニルという素材が少ないのに対し、リトルキディーズはポリ塩化ビニルを多く使う事によって視界を広くしています。

このポリ塩化ビニルが熱に弱い性質があります。

 

事実、私はリトルキディーズの上から黒い自転車カバーを掛けていたのですが、6月の時点でぐにゃっと変形してしまいました・・・

黒いカバーではなく、熱を反射するシルバーのカバーにすれば良かったと激しく後悔!!

みなさんもお気をつけ下さいね!

 

リトルキディーズが脆いわけではありませんので誤解しないように!ぐにゃっとしただけで使用には差し支えありません

 

Checkリトルキディーズの上からカバーをするならシルバータイプを。

 

子どもの乗せ降ろしがしにくいと感じる人もいる

私は最初からリトルキディーズを使用しているためか、特段「乗せ降ろしがしにくい」とは感じませんが、もともとソフトタイプのレインカバーを使用していた方にとっては、少し乗せ降ろししにくく感じるようですね。

 

リトルキディーズは足元をカバーする部分とカプセル部分が別のパーツで成り立っています。

それぞれのパーツをしっかりとしたスナップボタンでつなぎ合わせているので、柔らかいレインカバーのように、どこかの隙間から無理やり入る事は出来ません。

 

前用のチャイルドシートに関しては、自分で乗り込むお子さんはまずいないと思いますので、問題は後ろ用ですよね。

 

こんな感じで、後ろ側のファスナーを開ければ横から乗り込むことが出来ます。

ですが盗難防止用にワイヤーを付けている場合は、この画像のように後ろ側から開ける事は出来ません。

 

私自身は、子どもに自分で乗り込んでもらうのは危ないと思っているので、リトルキディーズを付けていない時もさせていないんです…

 

今、息子は19キロですが、一瞬の事なので特に不便さは感じていません。

例えば腰を痛めるなどして抱き上げるのが厳しい時は、横から乗り込んでもえばいいかなと思っています。。

 

リトルキディーズは今までのレインカバーと形状が違うため、色々な憶測が飛び交っているんですけど、特に冬、何枚も防寒具を巻き付ける手間を考えれば、着の身着のままで乗せられて出発できるリトルキディーズの方が、圧倒的に手間が省けます

 

 

リトルキディーズのレビュー・口コミを分析!

リトルキディーズ楽天市場店での後ろ用ver3のレビューと口コミは、2019年5月10日の時点で135件。

そのうち★2つまでの低評価はたった3件で、★1はありません。

 

前用ver3はレビュー・口コミが60件に対し低評価の★2つ以下はゼロ。

 

レビューや口コミを見ても高評価ではあるのですが、やはり9,000円するレインカバーですので、私の意見だけでなく、他の方の低評価レビューやデメリットにも目を向けてみましょう。

 

リトルキディーズの低評価のレビュー・口コミ

 

★★☆☆☆
乗せにくく汚れやすく構造的に横から乗せにくくかなり子どもを持ち上げて前から乗せないといけない。先日下ろす際持ち上げが足りず子供がシートに足を引っ掛けてしまい、自転車ごと転倒し怪我をさせてしまった。
また素材のビニールは汚れやすく、汚れが落ちにくい。駐輪場で他の人のもよく見かけるが、他社製のと比べくすんでいる。

参考:楽天市場「リトルキディーズ後ろ用Ver.3のレビュー・口コミ」

 

足を引っかけて自転車が転倒してしまったケース。

私自身はそのような経験はありませんが、自転車によるのかも知れませんね。

 

私が使用しているPanasonicギュットアニーズはスタンドが幅広く、スタンドを立てた状態で左右に倒れるというのは、力強く押し倒しでもしない限り難しいんですよね。

でも自転車によってはスタンドが横広でがっしりした物ではない事もあるので、もしスタンドが横広でない場合は、乗せ降ろしの際に気を付けるに越したことはないでしょう

 

またビニールの汚れに関してですが、ビニール部分が多くないカバーは色がついているから汚れが目立たないんですよね。

目立たないだけであって、汚れが付着している事には変わりません。

 

リトルキディーズは確かに汚れが付いた時は目立ちますけど、雨に降られれば汚れも洗い流されてしまいますよ!

この砂ぼこりなどから子どもを守れたという事でもありますしね!

 

 

★★☆☆☆
商品はとてもいいのですが足元のところがチャイルドシートで折れてしまいビニールに穴が空いてしまった。
もう少し柔らかい柔軟性があるビニールだとよかった。

参考:楽天市場「リトルキディーズ後ろ用Ver.3のレビュー・口コミ」

 

足元のビニールシートに穴をあけてしまった経験が私にもありました。

でも私の場合、マンションの小さな出入り口から自転車を出し入れしていた時にしょっちゅうぶつけちゃってたんですよね。

足元のビニールに穴が開きましたけど、息子の足が雨に濡れてしまう事はありませんでした。

 

リトルキディーズを買い替えてからは屋外駐輪場に止めておくようにしているので、勝手に穴が開くことはりません。

柔らかいビニールだと、リトルキディーズのあの形を維持するのが難しい気もしますし…

 

ただ1つお伝えしたいのは、普通に使用していて破れる事はないという事です!

 

 

リトルキディーズの高評価のレビュー・口コミ

 

★★★★★
保育園の送迎に大活躍です。結構な雨も全然かわせます。
寒いこの時期も今までは、小さい毛布などを掛けていましたが全く必要なく、荷物も減り忙しい朝夕は助かります。
中も快適なようで少し遠出した帰りは「かご」の中でぐっすり寝ています。
出入りは後ろのチャックを開閉すれば子供が一人でも乗り降りできます。
身長は105cmで普通体系です。
乗り降りの際には頭がぶつかるので、屈みながらですが座っている状態では余裕もあり、問題ありません。
昨年、購入した中でベスト1です。高くて迷っていたけれど、もっと早く買えば良かった

参考:楽天市場「リトルキディーズ後ろ用Ver.3のレビュー・口コミ」

 

 

★★★★★
2014年から愛用しています。
前乗せ2回、後ろ乗せは今回購入で3回目、通算5回目の購入になります。
買い替える度にバージョンアップされていて、もっとこうだったら・・・と思う箇所が改良されていて感動しています。
今回は取り付けが非常に楽に感じられました。(慣れたのもあるかも知れませんが。)
それと、何よりも買おうと思ってすぐに買えたことに感激しました。
以前は販売開始直後にすぐに売り切れてしまい、買うこと自体にストレスを感じていましたので。
これを使うと、もう他の商品に移れません。
それくらい重宝しています。

参考:楽天市場「リトルキディーズ後ろ用Ver.3のレビュー・口コミ」

 

私は今4代目を注文したばかりなのですが、何と上には上がいるものですね…

リトルキディーズを使うと、その便利さに、他のレインカバーを使えなくなるという方が多いんですよ。

 

カプセル型がしっかりと保たれていますので、雨の日だけではなく、ちょっと遠くの公園へ行った帰り道、子どもが熟睡してしまっても安心感があります。

もちろん、ヘルメットとベルトは着用必須ですけどね。

 

 

雨の日だけじゃない!リトルキディーズのレインカバーを使って便利だなと感じる点

 

 

最初は清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入したリトルキディーズですが、私と息子の子乗せ自転車生活にリトルキディーズはなくてはならない存在です。

雨の日だけじゃない、メリットは次のとおり。

  1. 子供を自転車に乗せるための準備が最小限で済む
  2. 雨の日だけでなく寒い日・風の強い日にも活躍する
  3. 自転車で子供が寝ちゃった時の安心感がはんぱない

それでは1つずつ説明していきましょう!

 

寒い日にも最小限の手間と準備で外出ができます!リトルキディーズは防寒対策にもなる!

ぐにゃぐやのレインカバーやレインカバーを使用していない場合、冬に自転車で出かける時は防寒具を1枚多く着せてみたり、ボアブランケットを巻いてみたり、手袋をさせたり脚に何か巻いたり…

 

ちなみに、自転車に乗ると体感温度は5度下がると言われています。

 

 

出掛けるのを納得させるのに一苦労。
着替えさすのに一苦労。
ヘルメット被せるのに一苦労。
子乗せ自転車に乗せるのに一苦労。

で、更に自転車に乗せるために防寒着着せなくちゃならない…そして降ろす際もそれらを脱がしたりする手間がかかる!!!

 


めんどくさっ!!

 

いや、自転車でお出掛けするってけっこうメンドクサイですよね、特に冬!!

でもリトルキディーズを使えば、その手間省けます。

 

カプセルのような状態になっていますので中は結構暖かくなります。
外着と同じ服装のまま乗せればオッケー!

 

実感するのは幼稚園行事ですね。

駐輪場で悪戦苦闘して子供に防寒させて乗せて…るママの横で、ひょいっと乗せて「さようなら~☆」と爽やかに去っていける快感…っ!

 

雨の日だけじゃない!風や砂ぼこりから子供を守ってくれる

リトルキディーズはレインカバーですが、雨の日だけではなく、風や砂ぼこりからも守ってくれます。

 

黄砂や砂ぼこりが酷い時、自転車を運転していたら砂が目に入って痛い経験したことはありませんか?

運転している人がある程度壁になってはいるものの、子供も砂ぼこりや黄砂に曝されているんですよね…

 

リトルキディーズをつけっぱなしにしておけば、この砂ぼこりや黄砂から子供を守ってあげられますよ。リトルキディーズの外側は驚くほど砂ぼこりが付着します。

もしカバーせずに走行していたら、子どもがこれ浴びてたんだと思うとゾッとします。

 

また、風の強い日にもメリットを感じます。

どんなに防寒対策をしていても顔はむき出しですので、風を浴びてどんどん体温は奪われていきますが、リトルキディーズの中なら安心です。

 

暴風の日は自転車が煽られて危険なので乗らないで下さいね。

 

 

子供が自転車で寝てしまった時、頭が横からはみ出るのを支えてくれる

超絶心配性の私は、子供が寝てしまった時に頭が左右にはみ出すのが気になって仕方がないのですが、リトルキディーズを装着していると、ある程度支えてくれます。

 

これ、布製レインカバーだとこうはいかないですよね。

リトルキディーズは強いワイヤーとバー2本でしっかり形が固定されます
ある程度は支えになってくれます。

 

古くなったらメルカリやラクマで売ることができる

私が今使っているのは2代目で、買い替えた理由は古くなってきた事と、ぶつけて擦り切れた部分があったため。

1代目はどうしたかというと、しっかりメルカリで売りました!!

 

傷ありの状態でも5000円程度で売る事が出来ましたので、人気のない4000円程度のレインカバーを買うよりよっぽど良いですね。

 

 

 

リトルキディーズに紫外線カットビニールが採用され、晴れの日も活躍

久し振りにリトルキディーズ楽天市場店を覗いてみたところ、なんと!UVカット機能のビニールが採用されたとのこと!

 

もちろん注文しましたよ~!

 

従来品でも紫外線カットはされていたそうですが(知らなかった…)、新しいビニールはこのように数値が変わります。

従来品 新製品
UVB82%(初期値91%・1年経過時82%) UVB100%(初期値100%・1年経過時100%)
UVA45%(初期値74%・1年経過時45%) UVA75%(初期値82%・1年経過時75%)

 

数値が大幅に改善されていますね!

透明なビニールでも、リトルキディーズ専用開発の紫外線カットビニールなら、子どもを紫外線から守る事ができます。

 

注意
紫外線カット機能と熱中症対策は全くの別物になります。ここをお読みの聡明な奥様方ならご存知かと思いますが、暑い日に締め切って使用する事はおやめくださいね。

 

さいごに:少しでも楽したいならリトルキディーズを絶対に買うべし!

 

 

ここでリトルキディーズのメリットを思いつくままにあげてみましょう。

  1. 自転車で出掛ける際に防寒対策しなくていい
  2. 雨の日だけでなく、風や寒さ、砂ぼこりから子供を守る
  3. 視界が広く圧迫感がない
  4. レインカバーの中でもダントツでオシャレ
  5. 子どもが寝ちゃった時も頭がはみ出さない
  6. 幼稚園の駐輪場で颯爽と去る事が出来る
  7. 使わなくなったらフリマアプリで売る事が出来る

 

育児のあれこれ手間を省きたい方は買うべきお品物ですよ。

みなさんの子育てが少しでも快適になりますように祈っています!

 

\ ネットの正規販売店は楽天だけ /

標準で装着できるチャイルドシートが増えました

 

Check口コミが気になる方はこちらから楽天市場店の口コミを確認できます。

リトルキディーズ【前用】の口コミはこちら

リトルキディーズ【後ろ用】の口コミはこちら

 

 

 

 

Copyrighted Image